top of page
  • 執筆者の写真孝宏 是枝

東京は梅雨。NBAは終幕。




こんにちは。ご無沙汰しております。

季節も変わり1年の早さを感じております。

気温も30度超えてきており、個人的には冬のほうが好きなので今から梅雨明けを考えると気持ちを作っていかねばと感じております。


さて本日、NBAファイナル第5戦がありました。

小中高大社会人をあくまでもそれなりのレベルでですが、、、やっていた身としては今年のNBAはかなり楽しく拝見してました。

新世代の台頭、スターチームの苦戦、ウエスタンカンファレンスの接戦、前年王者チームの敗戦など。

そして先ほどその中で優勝したのは強豪ボストンセルティックスでした!


毎回優勝候補なのに優勝できないチームといった印象でしたが今年は最後の1ピースといわれた

クリスタプポルジンギス選手。めっちゃでかい。

ただプレーオフはけがで満足に出ることもできなかったのですが、いなくても強い。

スター選手ぞろいではあるのですが、強みはスキがないところにあるのではないかと思います。

一見、華々しい世界でオフェンスが注目されますが、勝負を分けたのは地味ですごさがわかりにくいディフェンスの部分でドリューホリデー選手のエースを抑える活躍と献身的なプレーでチームに貢献し続けるのはシリーズを見ていて影のMVPだったのではと思いました。(ファイナルMVPはジェイレンブラウン選手)


最終的にはビジネスの部分も考えてみるのですが、スポーツ選手が最大に活躍できる環境はとんでもない金額が動きます。

楽しいことをビジネスにできたら成功するかは置いておいて楽しいだろうなと感じますし、自分自身将来的にそういったスポーツ界にも何かしら恩返しみたいなことをしていきたいと思っています。


高い金額を選手に払えるからこそ、選手が人生をかけて高みを目指し、そこにはエキサイティングな場所があり、本気で応援してくれる人が集まって熱いムーブメントができていく。

だからスポーツを応援した意味だからこそビジネスは切り離せない関係。

生きていくためにはお金が必要。好きなことを突き詰めてその先にお金払ってでも見たいというレベルになった時、スポーツ×ビジネスという関係性がシナジーを生み出す。


人生を生きていく上でお金を稼ぐということは避けて通れない。

どうせ仕事やるなら稼げた方が楽しい。

ただ、お金持ちだけど幸せそうじゃない人はたくさんいます。

人生のやりたいことを先に定めておかないと人生は「やらなきゃいけないこと」で埋め尽くされてしまいます。


将来を見据えてやりたいことを掲げそのために必要なことをやっていく。この考え方はとても大事だと考えていて、社内では人生においての夢やビジョンを大なり小なりなんでもいいから一つ持つように伝えています。

自分もそうでしたが、自分の人生を5分でも本気で考えたことがある人は意外に少ないはずです。


本気で夢をかなえに行く集団に2年後、3年後に広がっていった先で世界を舞台にして遊んでみたいし、素晴らしい経験を共有できるようになれたらいいなというのが個人的な希望です。


人材育成とSTEP UP制度を始めた理由として自分だけでなく人が目標を達成し、幸せそうにそれを周りに還元していくのを見るときそれもまた幸せを感じるんだなと思い始めたからです。


時代と職種はめくるめく移り変わります。

流行りがあれば廃りがあります。

根本的な変わらないものもあると考えていて、


【今後必要なスキルランキング】で検索すると

1位コミュニケーションスキル

2位リーダーシップ・人材マネジメントスキル

3位問題解決力


と来ています。

そこはグルービージャーニーの得意とするところなのでこういったことを学んでいると、

時代は変われど必要な根本は変わらないので、

必要な実力を身につけると社会でも活躍できる人財が育っていくと感じています。

今日も皆様にとっていい一日になりますように!


LIFE is Journey.

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年

皆さんの2023年はどんな年でしたでしょうか? 私の昨年のテーマは「2度目の18歳(青春)」でした! もう人生あっという間に二回目の高校3年生を迎えてしまいました! 人生早いですね。 このテーマがどういうことかといいますと、 18歳の時には色んなやりたいことはあってもお金がなかった。 なので貧乏旅行してました。18きっぷとか友達の車とか。。 20代前半は正社員時代でお金には困ってはなかったけどでき

能登半島地震のお見舞い

このたびの能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、現在、被災者の救済と被災地の復興支援にご尽力されている方々に深く敬意を表します。 不安な日々を過ごされている皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

Comments


bottom of page